東大紛争

仙谷さんは「安田講堂事件」の時には弁当運びの役目をしていたようですが、学生運動の時代ということもあり、多くの若者たちが学生運動へ参加していました。仙石さんや江田さん以外にも、後に政治家となった人たちの多くも学生運動をしていたようです。もちろん全員が全員ではなく、舛添さんは学生運動とは距離を置いて「早く卒業させろ」といったビラを配っていたようです。

東大紛争の舞台となった「東大安田講堂事件」ですが、昭和43年(1968年)から昭和44年(1969年)にかけて続き東大闘争ともよばれる東京大学での大学紛争です。もともとは1960年代の後半に全国の医学部で、学部生と研修医によって全学連医学協や青医連が始めたインターン制度廃止を軸とした研修医の待遇改善運動が台頭しました。そして東京大学医学部は、その中心的な拠点校でした。一部急進派学生が安田講堂を占拠したことをうけて、早朝が機動隊を導入したことで、医学部だけではなくなり、学部を超えて学生と教職員の反発を招く事態となり、安田講堂事件を含めた東大紛争では767人が逮捕されて616人が起訴されることになりました。

東大安田講堂事件とは?!

学園紛争は1960年代後半を象徴する出来事です。この時代はベトナム戦争が泥沼化の様相となって激化の一途をたどっていました。そして1970年で期限の切れる日米安全保障条約の自動延長を阻止もしくは廃棄を目指す動きが、左派陣営で起きていました。

学生達によるベトナム反戦運動と、第二次反安保闘争が活発化していきました。そして日本は高度経済成長の真っ最中ということもあって、全国の国公立・私立大学ではベビーブーム世代が大量に入学してくる一方で、向かえる大学側はときに権威主義的であり、また旧態依然とした大学運営がなされていました。大学に対して学生側は授業料値上げ反対や学園民主化などを求めて、各大学で結成された全共闘や、新左翼の学生が闘争を展開する大学紛争へと動いてきました。全共闘の学生達は大学当局との「大衆団交」で自分たちの主張を唱えますが、主張が認められない場合は大学構内バリケード封鎖という手段に訴えました。最盛期では東京都内だけでも55の大学がバリケード封鎖に入って大学だけの問題ではなく、社会問題へと発展していきました。

安田講堂事件に関係した人たち

東大紛争では大学と学生、そして警察側も機動隊もかかわりました。学生との団交にあたった先生が監禁されたり(林健太郎監禁事件)、安田講堂事件で警察側で現場指揮を担当したのが警察官僚の佐々淳行の他に後に政治家へ転身する人などが安田講堂事件に関係しています。その後の人生などに少なからずとも、なにか影響があるかも?!しれませんが、このときの時代は東大だけではなく日本全国で大学紛争が吹き荒れた時代でした。

学生側として安田講堂事件に関わった人

  • 山本義隆(自然哲学者:駿台予備学校物理科講師)・・・ 東大全学共闘会議議長で、全共闘を象徴する存在でもあります。全共闘に関するマスコミ取材は一切受けていません。学生時代から秀才で知られていて、大学院在学中には京都大湯川秀樹研究所へ国内留学。物理学者として将来を嘱望されていましたが、学生運動のあと大学を去って大学で研究生活に戻ることはありませんでした。駿台文庫『物理入門』シリーズは、硬派な参考書として受験生に読まれ続けられている本です。
  • 今井澄(医師:政治家)・・・1962年の大学管理法反対闘争では、闘争を指揮したため江田五月とともに退学処分。のちに復学して東大紛争のときには卒業を控えていたことから積極的な関与を控えていたものの、紛争の発端になったのが医学部で、また学部生の中で最年長だったことから安田講堂防衛隊長に指名されています。封鎖解除で逮捕されて1年間東京拘置所に拘留されて3度目の復学をして昭和45年(1970年)に卒業して医師免許を取得します。昭和52年(1977年)に安田講堂事件の判決が確定したため、静岡刑務所に服役。刑期を終えた後に昭和55年(1980年)に諏訪中央病院の院長に就任しました。平成4年(1992年)に日本社会党から立候補して当選して、2期目(民主党)に通常国会が閉会後に癌のため2期途中で62歳でお亡くなりになりました。
  • 鈴木正文(雑誌編集者:自動車評論家)・・・慶応義塾大学文学部に在学中に学生運動に傾倒して、安田講堂事件で逮捕されました。自動車雑誌NAVIの創刊にも加わっています。1999年に自動車雑誌「ENGINE」の初代編集長。
  • 島泰三(動物学者:類人猿学者)・・・理学部人類学教室に在籍中に学生運動に関わります。安田講堂事件の時には、学部生の「本郷学生隊長」として参加して逮捕され懲役2年の判決を受けました。京都大学で理学博士号を取得しています。
  • 仙谷由人(弁護士:衆議院議員)・・・弁当運びとして活躍。司法試験に合格後大学を中退していますが、東大紛争では学生の3分の2が中退しているのでこの時代の中退は決して珍しいことではありません。司法修習となり弁護士となり後に政界入りをしています。
  • 町村信孝(元通産省官僚:政治家)・・・ノンポリの学生グループに所属していました。東大経済部ストライキ実行委員会のひとりとして、大衆団交では議長役などを務めました。安田講堂事件のときには、紛争の激化を止めるように行動しましたが警察が介入する事態となったため東大構内から撤収しています。

大学側として安田講堂事件に関わった人

  • 加藤一郎(東京大学総長代行)・・・昭和43年(1968年)から法学部長で東大紛争によって総長代行になり、昭和44年(1969年)~昭和48年(1973年)まで総長に就任。小宮山洋子さんは実娘。
  • 大内力(経済学部長)・・・総長代行を補佐する執行部のナンバー2として紛争に関わる。専攻していたのは、マルクス経済学の経済理論と経済政策。
  • 林健太郎(文学部長)・・・執行部員。全共闘の学生から11月4日から11月12日までの8日間に渡って監禁されますが、嫌な顔ひとつせず学生達に議論に挑み次々に論破しました。全共闘を負かした教授として知られるようになりました。加藤総長の後を継ぐ形で昭和48年(1973年)から昭和52年(1977年)まで総長に就任していますが、4年間に渡って学園紛争収拾と東京大学の立て直しに尽力しました。参議院として1期務め政界を引退しました。ドイツ史専攻の歴史学者です。
  • 向坊隆 (工学部長)・・・執行部員として学内の改革に務め、昭和52年(1977年)から総長に就任。専攻は電気化学で、日米原子力協力協定のまとめ役。
  • 平野龍一(法学部長)・・・執行部員、昭和56年(1981年)に総長に就任。専門は刑事法。
  • 藤木英雄 (法学部教授)・・・執行部員。34歳の若さで教授に就任していますが、在学中には司法試験と国家公務員試験の両方を首席で合格して首席で卒業しています。多くの分野で斬新な学説を唱えて平野龍一から評価されていたものの、45歳の若さで急性腎不全で早世しています。

どうして安田講堂事件となったのでしょう

東京大学の紛争は、医学部自治会と東京大学の卒業生が所属している青年医師連合が昭和43年(1968年)1月下旬から登録医制度反対などを唱え「インターン闘争」に始まる東大紛争が展開されていきました。

この「インターン闘争」に対して、大学側は3月11日に「医局員を軟禁状態にして交渉した」として17人の学生の処分を発表しましたが、17人の中には明らかにその場にいなかった1人が含まれていました。このことが、学生側の更なる怒りを招くことになりました。翌日12日に医学部総合中央館を占拠して3月27日には安田講堂を一時占拠したため、3月28日に予定されていた卒業式は中止される事態となりました。

新学期になっても医学部ではストライキが継続していて事態は膠着していました。6月15日に医学部の「全学闘争委員会」が安田講堂を再度占拠しました。大学側当局の大河内一男東大総長はその2日後に機動隊を導入して安田講堂の占拠を排除しましたが、この機動隊の導入したことに対して全学の学生の反発が高まったため、7月2日に安田講堂はバリケード封鎖されました。そして3日後の7月5日に「東大闘争全学共闘会議」(全共闘)が結成されます。それ以後、大学当局は打開を図りましたがますます全共闘や新左翼学生の反発を招くことになります。医学部から全学部へ波及したため、全共闘の組織に属する学生主導によるストライキや、主要な建物など多数の封鎖が行われました。そして11月に大河内総長以下、全学部長が辞任することになりました。

辞任した大河内総長の後任として、法学部の加藤一郎教授が総長代行として就任します。昭和44年(1969年)1月10日に、国立秩父宮ラグビー場で「東大七学部学生集会」を開催され、民青系や学園平常化を求めるノンポリ学生との交渉によってスト収拾を行うことに成功しましたが、依然として占拠を続ける全共闘学生との意見の合致は不可能と判断したため、警察力の導入を決断します。そして1月16日に警視庁に正式に機動隊による大学構内のバリケード撤去を要請することとなりました。